大分県の風力発電を考える

風力発電を考える会おおいたのブログです。

環境影響評価書を読む(3) おざなりな景観への影響評価

(仮称)大分・臼杵ウィンドファーム事業の環境影響評価書で、大分臼杵風力発電合同会社関西電力子会社)は、あまり根拠をあげずに「影響はない」と評価している。

f:id:thinkwindpoweroita:20220411173247j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220411173245j:image

大分県知事意見を踏まえて、景観調査地点を増やし、フォトモンタージュを作成したものが評価書には掲載されている。

いくつかの地点で、とても影響が小さいとは言えないのではないか、と思われる。

f:id:thinkwindpoweroita:20220411174043j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220411174032j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220411174045j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220411174040j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220411174048j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220411174030j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220411174028j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220411174038j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220411174035j:image

そこで、関電が参照したという「風力発電施設の審査に関する技術的ガイドライン」(環境省 2011)を読んだ。私たち素人には、すごく難解な文書である。

https://www.env.go.jp/press/13643.html

引用されているところは26ページにあるのだが、31ページには、これとは別に「スケール比・シルエット比」という、景観指標が解説されている。

https://www.env.go.jp/press/files/jp/17236.pdf

スケール比とは、「構造物等の高さ/視点からの眺望の背景となる山稜の高さ」のことで、

「法高/背景の高さ が0.2~0.3を越えると『切り土面が背景に対して大きい』という評価が得られはじめ、法面底辺の高さ/背景の高さ=0.35~0.45を越えると不安定感が増すとされる」

f:id:thinkwindpoweroita:20220411180752j:image

もともと、この国立公園などでの送電鉄塔についてのガイドライン風力発電にも応用したもので、標高300〜500mの尾根に120mの風車を建てることなど想定されていないものだが、それでも応用できる。この指標を応用すれば、景観への影響度をかなり数値化できるもので、フォトモンタージュを見る限り、素人目には0.2を超えるところもあるように見える。違和感を数値化しようとしたものなので、フォトモンタージュで違和感を持つものが高い数値を示すのは当然だ。

フォトモンタージュでは、背景の空の色に紛れてたり、写真ではそれほどでもないように思えても、現地に行ったことがある目で現地を想像してみると、フォトモンタージュで見るよりずっと違和感は強いように思う。

関電が何を根拠に景観への影響は小さいと評価したのかは、評価書を見る限り、まったく不明だ。関電が引用した「垂直見込角に応じた対象の見え方」(20ページ)でも「垂直見込角が1~2°を超えると景観的に気になり出す可能性があるとされる。」とあり、垂直視野角が1〜3°である地点で何をもって影響が小さいとする根拠は何も示されていない。

影響低減の方策として、「技術的ガイドライン」が示す対策をコピペしているが、それで低減できている根拠も示されていない。

「技術的ガイドライン」は、は、関係主体(有識者、地域住民、関係行政機関等)の合意形成を各段階で資料を示して行うことを繰り返すのうに求めている。環境影響評価書は、今後の説明・合意形成の基礎資料であり、ここで景観について、国のガイドラインにも沿っていないことは、今後、関電がその説明を付加して合意形成せねばならないことを意味する。

 

 

 

環境影響評価書を読む(2) 低周波音についての"印象操作"の姑息

大分臼杵風力発電合同会社関西電力子会社)による、(仮称)大分・臼杵ウィンドファーム事業の環境影響評価書の騒音・低周波音について、大分県知事意見への対応は(1)でふれたが、住民の意見への回答のところに、まとまった記述がある。

f:id:thinkwindpoweroita:20220410155230j:image

ここに、ウソではないが、不正確で一面的な記述で"印象操作"をしようとする意図が見える。

末尾にリンクをはるが、「風力発電施設から発生する騒音等の評価手法に関する検討会報告書」の記述が引用されていて、

風力発電施設の稼働に伴う低周波音の
うち可聴域以外のもの (超低周波音)については、 影響のおそれが少ないとの研究成果・調査実績があ」ると記述されている。「検討会報告書」をここしか引用しないのが、印象操作なのである。

まず、「検討会報告書」で言及されている知見はこの項目だけではない。他にも

・騒音レベルは低いが、より耳につきやすく、わずらわしさ(アノイアンス)につながる場合がある

・景観のような視覚的な要素や経済的利益に関する事項等も、わずらわしさ(アノイアンス)の度合いを左右する

といった知見が示されている。

また、「 風力発電施設から発生する超低周波音・低周波音と健康影響については、明らかな関連を示す知見は確認できなかった」とされているが、これは「わからない」という意味を含み、「影響がない」という断言は避けた表現である。

そして、「おそれが少ない」というのは、少ないがゼロではない、という意味だ。(1)でふれたところで、関電は騒音・低周波音の感じ方に個人差があることを認める記述をしている。確率として低くても稀にはあり得ることを「少ない」という語でごまかそうとしている。

「検討会報告書」の研究・調査の手法の問題点・疑問点はいくつも指摘できるが、それは別に譲りたい。そのような不十分な「報告書」ですら、歪曲して理解、引用して、文書ではまだ慎重な記述になっているが、これまでの説明会などでの口頭での説明では「風車から2kmのお宅では被害はない」と断定してみせるなど、公然と誤った説明をしてみせるのが、これまでの関電のやり方だった。

ここでいかに住民にちゃんと説明してきたかのような記述をしようが、関電にとっての不都合な事実は隠ぺいさせない、というのが私たちの思いである。

 

 

太陽光発電施設等に係る環境影響評価の基本
的考え方に関する検討会報告書」(環境省2019年3月)を参照してるとするが、同報告書に詳細な記述はなく、「風力発電施設から発生する騒音等の評価手法に関する検討会報告書」(環境省、2017年11月)による、としている。

太陽光発電施設等に係る環境影響評価の基本
的考え方に関する検討会報告書」

https://www.env.go.jp/press/files/jp/110948.pdf

風力発電施設から発生する騒音等の評価手法に関する検討会報告書」

https://www.env.go.jp/air/noise/wpg/01_161125_huusyasouon_report.pdf

概要資料

https://www.env.go.jp/air/noise/wpg/02_161125_huusyasouon_report_gaiyo.pdf

 

環境影響評価書を読む(1) 住民とのコミュケーション、低周波音、騒音

表面上の言葉だけなら何とでも言える?

 

大分県知事意見がかなり網羅的に問題点を指摘しているので、大分県意見への大分臼杵風力発電関西電力子会社)の見解を紹介・コメントします。

https://my.ebook5.net/oitausuki/dai11syou/

f:id:thinkwindpoweroita:20220409045615j:image

関西電力は、風力発電計画に対し、反対意見や疑問を持つ住民に対し、大分県知事意見にある通りの対応をしてきました。

環境影響評価書では、それらに誠実に対応するとしているが、言葉だけなら何とでも言える、という不遜な態度にしか見えない。関電のあからさまに強引なやり方に接してきた私たちにとっては「どの口が言うか?」という言葉です。

 

大分県知事意見では、

「住民等から、騒音及び超低周波音、景観等の環境面や土砂災害の誘発等の災害面において、事業実施を不安視する意見や反対する意見が寄せられているだけでなく、事業者からの説明が十分に行われていないとの意見も寄せられている。」

「住民等及び関係両市と積極的にコミュニケーションを図り、それぞれが抱く不安や懸念等に対して誠実に対応することで、 本事業の実施に対する理解を得られるように努めること。」

と指摘されているのに対し、

事業者(関西電力子会社)は、

「住民等及び関係両市と積極的にコミュニケーションを図り、それぞれが抱く不安や懸念等の解消に向け誠実に対応し、本事業の実施に対する理解を得られるように努めます。」

と見解を述べています。

 

騒音、超低周波音について

関電は、

「騒音及び超低周波音については、聞こえ方等に個人差がある項目であることから、施設の稼働後、 適切に環境監視を行います。 また、その結果、騒音及び超低周波音による重大な環境影響が懸念される場合には、継続的な環境監視を必要に応じて実施し、調査結果の蓄積を図る
とともに、 ホームページ等による公開に努めます。」

と「模範回答」を示しています。

地域住民に対し、騒音や低周波音について、まともな説明も、具体的な対処を表明したことがなく、ここも「言葉だけなら何とでも言える?」という疑念を禁じえません。

 

騒音については、準備書への大分県環境省の意見を踏まえて、国の経産大臣勧告では、準備書の予測で環境省指針値を超えることが指摘され、対応を求められていました。

関電は、測定データの再検討を行い、詳細を示し、結局、指針値を超えることがあることを認めています。

しかし、超えるのが1〜2デシベルとわずかであることを言い訳に、施設について追加対応をすることなく、環境監視と、問題発生時に適切に対処することを表明することでよしとしています。

ここで注意するべきは、指針値は、環境基準とは違って、法的拘束力はない、ということですが、それにしても施設への変更でなくデータの再検討ですましている、というのは驚きです。

 

f:id:thinkwindpoweroita:20220409045512j:image

10-113(457)ページより

https://my.ebook5.net/oitausuki/dai10syou/

環境影響評価書の準備書からの変更点

大分臼杵風力発電合同会社関西電力子会社)による、風力発電事業の環境影響評価書の「第13章 準備書記載事項の修正の概要」のスクリーンショットです。

https://my.ebook5.net/oitausuki/dai13syou/

ここは、住民・大分県・国から、ここが不十分だと指摘されているところを修正している箇所を示しています。ここを読めは、自分の知りたいことが、評価書のどこに記述があるかがわかる、事項索引として使うといいと思います。

ここであたりをつけて、関心があるところを読むといいでしょう。

http://www.kanso.co.jp/environment/assessment/oitausuki/002.html

 

f:id:thinkwindpoweroita:20220409035953j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220409035950j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220409035940j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220409035938j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220409035958j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220409035945j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220409035943j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220409035948j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220409035955j:image

環境影響評価書 住民・大分県の意見と関電の見解

大分臼杵風力発電合同会社関西電力の子会社)による、環境影響評価書が縦覧され、ネット上でも公開されています。

http://www.kanso.co.jp/environment/assessment/oitausuki/002.html

縦覧でもネット上でも、コピーができないため、ネット上の文書のスクリーンショットをここでは掲載します。

大部なうえ、専門的な文書なので普通の市民に読みにくいものですが、まずはここから読んだらいいのではないか、という部分のスクショを公開します。

 

まずは

「第11章 準備書についての意見と事業者の見解」です。

説明会や意見募集で出された意見と、大分県が国に提出した意見について、関電が見解を示しているところです。

特に、大分県知事意見は、評価準備書に対して詳しい指摘をしており、事業者の見解も評価書の対応する箇所を指摘して参照するように、としています。ここを見て、示された箇所を読むようにするといいと思います。

https://my.ebook5.net/oitausuki/dai11syou/

 

f:id:thinkwindpoweroita:20220409034241j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220409034249j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220409034244j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220409034246j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220409034239j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220409034259j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220409034256j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220409034306j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220409034301j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220409034304j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220409034251j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220409034254j:image
f:id:thinkwindpoweroita:20220409034309j:image

環境影響評価書の縦覧と説明会開催

(仮称)大分•臼杵ウィンドファーム事業の環境影響評価書の縦覧と住民説明会開催が行われます。
4月1日付の大分合同新聞大分市報にて公告されます。

事業者 大分臼杵風力発電合同会社関西電力の子会社)

今和4年4月1日(金)大分合同新聞紙面において公告を予定

評価書縦覧期間
令和4年4月1日(金)〜令和4年5月2日(月)8:30~17:15
※土・日・祝日を除く

縦覧場所
大分市役所 環境対策課、鶴崎•稙田市民行政センター、大在・坂ノ市・佐賀関市民センター、本神崎•一尺屋連絡所

説明会
令和4年4月17日(日)10: 00~12 : 00
坂ノ市公民館

その他
市報(4月1日号)において、評価書の縦覧と說明会の開催についてお知らせ

https://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/sangyo/electric/detail/furyoku_oitausuki.html

オンライン政府交渉のご報告

8月26日に、国とのオンライン交渉を行いました。日本共産党大分県地方議員団が、毎年、上京して行っている政府レクチャーの活動が、コロナ禍の中の今年はオンライン交渉・レクチャーとして行われ、私たちも要望を提出し、経済産業省環境省の担当者と交渉に参加しました。

f:id:thinkwindpoweroita:20210908172726j:plain

政府交渉の様子1

f:id:thinkwindpoweroita:20210908172910j:plain

政府交渉の様子2

写真は、堤栄三大分県議のフェイズブックでの投稿より

https://www.facebook.com/photo/?fbid=1950298968512277&set=a.113172575558268


以下に、要望書(文責:福間健治大分市議)と、交渉の様子の報告を掲載します。

 

(仮称)大分・臼杵ウインドファーム事業に関する要望書

大分市臼杵市の境界に位置する佐賀関半島の尾根には、コスモパワー(株)、関西電力(株))2社による風力発電建設計画が進められています。(仮称)大分ウインドファーム事業は既に事業着手されています。(仮称)大分・臼杵ウインドファーム事業は、来年度の事業着手をめざしています。

これまで佐賀関地区での住民説明会、「風力発電を考える」つどいでなどでは、風力発電施設建設による生活となりわい(農林水産業業)への影響、低周波音による健康被害森林伐採による自然環境・景観の破壊、土砂流失・増水などによる自然災害、希少生物への影響などを危惧する声が多数寄せられています。

現在、関西電力(株)は、環境影響評価準備書に対する経済産業大臣勧告(騒音・土地の改変・鳥類に対する影響)を受けた改善措置に取り組まれていると聞いています。また風車の数・位置、出力規模についての計画変更がされています。こうした内容については、関係住民などにはいまだに、十分な説明はありません。

今後、環境影響評価の評価書を作成し審査・届出・公告となります。林地開発申請が審査・許可をうけ、来年度からの事業着手をめざしていると聞き及んでいます。

しかし、関係住民への情報開示や説明不十分との批判と怒りの声が随所で聞かれます。つきましては、下記事項について要望いたします。

1、風力発電施設建設については、風車の数、風車の位置、出力規模の計画変更が行われているが、住民には知らされていません。関係住民・利害関係者へ丁寧な説明をおこなうよう事業者へ指導をおこなうこと。

2、環境影響評価準備書に対する経済産業大臣勧告の改善措置はどこまで進捗しているのか明らかにすること。

また改善措置が終了しだい、改善措置の内容について地元住民や利害関係者に説明会を実施するよう事業者を指導すること。

3、経済産業省においては、地元住民等の率直な意見・要望を受け止めていただき、大分県大分市とも協力し、今後の対応方に生かしていただくこと。

①(仮称)大分・臼杵ウインドファーム事業は、一尺屋地区では、建設計画段階から事業主と地区連合区長会で協定が図られた。区長会の住民をないがしろにした非民主的な建設推進に、一尺屋地区住民の7割の世帯が反対している。特に上浦の笠方地区(風車建設予定地から1Km圏に居住する住民25世帯の22世帯が反対している。)

また今年4月の大志木地区の自治会総会では、風力発電計画については、質問もさせないという横暴な姿勢で議案を採択している。

地域住民の納得や合意形成ができていない事業計画は、いったん白紙に戻し、住民の納得と合意形成をおこなうことを事業者に指導すること。

低周波音被害については、事業者は環境省基準に基づけば、健康への影響はないとの1点張りです。低周波音被害についての、認識についてお示しください。

③地権者との借地契約においては、「承諾する」「承諾しない」は地権者の意思を尊重すること。

 

下川(自然と一尺屋を守る会副会長)

令和2年3月29日の上浦地区の年次連合区総会は、コロナ禍のため、書面での開催となった。152件に全戸配布された議案書に署名押印するように、と書かれていた。議案は4本あり、3本の通常議案とともに、第4号議案に風力発電事業に関する工程表および確認書が提案されていた。ほとんどの住民が文面を読まずに署名押印した。区長を信用していた方が多いから。風力発電についての説明もなく、同意をとるなど、バカなことがあるか、と「自然と一尺屋を守る会」を立ち上げ、風力発電反対の署名を上浦地区で、現在のところ112件の反対署名を集めた。署名をしたので取りに来てほしいというところがさらに4件ある。反対署名はおそらく120件に達するだろう。

関西電力のやり方はまったくひどい。

個人の私有地について仮契約をした方から連絡があった。仮契約書を第三者に見せた場合には法的措置をとると書いてある。借地契約の本契約書が郵送で届いたが、どうしようかと思っている、ということだ。

地域住民のほとんどが反対しているが、最初は地区のほとんどの住民が賛成だということになっていたのは区長のやり方がひどかったからだ。区長がどういう形で関西電力と手を結んで山を壊すのか。山の傾斜は30度以上ある。国に砂防ダムを4か所つくってもらっている。上浦地区には土砂災害危険地区に指定されている場所が数か所ある。

私たちは山と海を見て育った。山は母、海は父。風力発電計画を知ってから山に3回のぼった。尾根には地区住民がみんな知って15~16本の山桜があって、住民は国宝級だと思っているこの木々が伐採対象となる。(尾根の山桜群の写真を見せる)名を「猪の首の山桜」という。西南戦争のときに、官軍が臼杵城を攻めるのに、総大将が山桜のところに陣取り、「こんな大きな素晴らしい桜だ」と言ったという。   このとき、その総大将は陣羽織と錦の御旗を住民に下賜した。子孫をたどったが、陣羽織と錦旗は焼失したようだ。

尾根の木が切られれば、保水力がなくなる。切土は一尺屋上浦地区に全部落とす計画だ。盛土もいちばん危険な場所、砂防ダムのあるその上につくる。ここの傾斜は35度ちょっとある。われわれは地区にいられなくなる。

もしこの事業の工事を強行するようなことになったら、私たちは「老人行動隊」をつくって自力で阻止する。

「せきの郷」という老人介護施設(医療法人関愛会が運営)がある。風力発電ができる1年間撤退するという。そんなバカなことがあっていいのか。松尾校区長は、「病院は赤字だから撤退するのは当たり前」と言っている。佐賀関病院(関愛会の中核病院)が怒って、関西電力を呼んで意見書を出した。関愛会の意見書に関西電力からの回答はない。ひどい。

最新情報だが、関愛会は、風力発電ができたら「せきの郷」の再開はしないが、風力発電計画が撤回になったら再開の可能性は非常に高くなると言っている。

ぜひ計画の白紙撤回を。

 

山野(大志生木在住。風力発電を考える会おおいた世話人) 

下川さんとは尾根をはさんで反対側に住んでいる。低周波音被害は心身の健康に大きな影響があることを知り、大変なことだと思って、地元説明会で質問すると、関西電力は「低周波音による被害はない」と答えた。関西電力管内である和歌山で被害があると聞いていたので、尋ねなおしたら「和歌山でも被害はない」と言い切った。国の検討会報告を錦の御旗のようにして自信すら見せて答えた。

工事にあたって、盛り土をしたり水を流したりするのは、大志生木ではなく尾根の反対側(一尺屋方面)だからいいだろう、とさえ関西電力は言った。どの地域であっても被害は許されないと私は抗議した。

騒音被害と低周波音被害は区別して対応してほしい。低周波音被害は個人差もあり複雑で、深刻だ。低周波音で自律神経を冒されやすいと聞いてぞっとした。私は40年前に自律神経失調症をわずらったことがトラウマのように思い出された。今は佐賀関の緑ときれいな海を感じながら生活しているが、高齢になった今、二度とあのつらさには遭いたくない。

国は風力発電による低周波音被害が全国に広がっているときに、低周波音の環境基準を示すことなく、影響なしと言い続けるのか。

大志生木の総会のときに、質問をしたいと挙手をして、発言用のマイクを世話人の方が持ってこようとしているときに、突然、採決をして発言を封じられた。マイクの係の世話人の方も驚いた様子だった。 大志生木は全世帯377で、総会への現出席は76。賛成51、反対2。23はどちらにも手を挙げず保留。その後、私は抗議して委任状に頼らず、住民一人ひとりに風力発電建設について聞き直すべきだと言ったら、「一度決まったことは覆せない」と言われた。私が風力発電に反対していることは地域でも知られているので排除されたようだが、不安やもやもや感を持っている人は地域にもたくさんいる。国には、事業者に住民が納得のいく説明をするようにさせてほしいし、低周波音被害が存在することを認めてほしい。

(回答)

経産省低周波音については、環境省の検討会報告では、健康影響との関連づけができない、ということだ。

地元の合意や理解を得ながら事業を進めることは重要だ。事業者には地元住民への丁寧な説明するように伝えていく。

環境省環境アセスメントは、地域とコミュニケーションをとるためのツールとしての手続きだ。地域住民に事業者がしっかり説明することは大事。経産省と連携して対応する。

 

伊藤(反対住民)

事業の内容の説明をちゃんとせずに、情報の粗い地図しか見せなくて、これに同意しろと言われてもできない。どこに土砂を出すのかもわからない。環境影響評価準備書の「改変区域」という図は、標高も入っていない等高線しか載せていない。重要な大分市道や広域農道を意図的に消していて、風車の建設場所がわからないようにしているとしか思えない。秘密主義だ。

地区によって説明が違う。

尾根の大志生木側では、水は向こう側に流れるからこちらは大丈夫だと言い、反対の一尺屋側では全然そのことを説明していない

地元4地区のうち、1地区でも反対すれば事業はあきらめると言っていた。臼杵市佐志生地区は地権者と住民が反対を決めて風車をつくれなくなったから、建設予定を5基減らした。関西電力は5基減らした理由を植物の希少種があるからだと他地区で説明している。関西電力は噓ばかりついている。バブルの時代の地上げ屋の手法だ。公共企業はこういう体質なのか。

関西電力の事業では、地元の有力者のみ賛成で、住民はみんな反対。隣接する計画の事業者のコスモエコパワーは、住民に資料も出して説明している。関西電力は有力者・自治委員のみを相手にして、住民の話は聞かない。

環境省)図面については確認するが、審査をして環境大臣意見を出している。

希少種について配慮するのは当然だが、その場合は誰に対しても説明するべき。

 

伊藤 

風車の規模についても、当初計画では2千KWの風車13基となっていたのが、現在の計画では3.2千KWの風車を8基になっていて、5基減らしても出力がほとんど変わらないように風車の規模を大きくする計画変更をしている。関西電力の説明は嘘ばかりで、地元住民は関西電力の言うことを信用していない。佐志生地区住民は、仮に風力発電を認めるとしても関西電力だけにはつくらせない、と言っている。

私も再生可能エネルギー普及は賛成だが、こんなことをやっていたら逆効果で普及の妨げだ。再生可能エネルギーに対するイメージはずいぶんと悪化した。

経産省)図面・地図はもう一度確認する。地元住民の同意・理解を得るようにきちんと説明できるように事業者に伝えたい。

 

真島(前衆院議員)

(住民とのコミュニケーションは環境影響評価のガイドラインに明記されていて、コンプライアンスの一部だ。ここで話に出たようなことを九州経産局は把握しているのか。

経産省)地元の自治体からの相談は受けていないと九州経産局からは聞いている。この場での話は九州局にも伝え、住民コミュニケーションの観点から適切に対処したい。

 

植田(風力発電を考える会おおいた事務局長)

低周波音の健康影響についての環境省の検討会報告は要するに「わからない」という結論だが、「わからない」のを「ない」と説明するのは誤りではないか。

環境省)検討会報告書は、低周波音の健康影響が「ない」と言っているのではなく、現在のところ、明らかな関連性は確認できていない、ということです。今後も検討は進めていきたい。

 

植田 

事業者は環境省の検討会報告を引用して「低周波音の健康影響はない」と説明する。「わからない」とは言わない。これはコスモエコパワーでも一緒。経産省からは、「ない」と説明すると嘘になると事業者に指導せよ。

経産省関西電力がどういう説明をしているか確認したうえで、環境省の検討会報告の内容を正しく説明するように伝える。

 

伊藤 

各省の担当者の方は現地を一度、見てほしい。できれば大臣も。現地を、地形を、見てほしい。一尺屋の高齢者たちは台風のたびにびくびくしなければいけない。重大な人権侵害だ。書面だけで許可を出すのか。

経産省)話としては承るが、コロナの影響等もあるので様子を見ながら。

環境省)コロナ等の様子を見ながら対応したい。

 

田村(衆院議員) 

天下の関西電力が、九州の適地でないところ、住居と1kmしか離れていないところに乗り出してくる案件については、厳しい目を持たなければいけない。情報開示しない、平気でうそをつく、ボス交渉で見かけの同意を取り付けるという生々しい経緯がある。一尺屋の民意はあらわれている。やり方として乱暴。大臣は私の質問に対し、住民トラブルの回避、環境影響の回避の2点を何度も強調しているが、実態としてはそうなっていない。関西電力だからといって引っ込んではダメ。住民が納得できるような説明がなされてないことについて事業者をきちんと説明するように指導せよ。

経産省)(環境省) 承知した。

 

f:id:thinkwindpoweroita:20200525144919j:plain